タブレットposの導入にはどんな機器が必要なのか

導入に必要な機器

手

導入機器を含めての検討

タブレットposレジ導入でどのような周辺機器がいるのか把握し、それぞれどの位置に配置すればよいのかを考えてみると導入がスムーズに行きますよ。機材を一つずつ見ていきましょう。まず必要なのはクラウドサービス接続のためのルーターです。

プリンター類

オーダーをキッチンでプリントアウトしたり、レシートや領収書が必要な場合にプリントアウトするための機器です。キッチン用とホール用にそれぞれあると便利ですね。

キャッシュドロワー

実際に現金入れておくための機器です。従来のレジに比べるととても小さく、自動で開閉することができます。

周辺機器を使った人の感想

どれもみんな小型

導入して思ったのが、それぞれみんな小型だということです。まったくスペースはいらないですね。配置を変えることもすぐにできます。周辺機器を含め、店舗の業務効率まで考えて商品開発がされているのがすごいですね。

会計方法を工夫できる

うちの店ではキャッシュドロワーを置くスペースを工夫することで、会計をどのテーブルからでもすぐに済ませられるようになりました。時間短縮という業務改善に成功したといえるでしょう。

オーダーを伝えにキッチンに行く必要がない

オーダーをタブレット操作でキッチンプリンターで印刷すればいいだけなので、わざわざホールからキッチンへ行かなくても注文が伝わります。なんでこんな便利なものが今までなかったのか、不思議でしょうがないです。

広告募集中